太極拳で毎日健康!毎日爽快!

上海研修記

  • HOME »
  • 上海研修記

 

 

 

 

上海大学構内にある「世界武術博物館」にて

 

上海には4年連続で行ってきました。(いずれも7泊8日)4回とも観光はほとんどなしで、朝から晩まで太極拳漬けの日々で、これは参加したもの3~5人が望んだことでした。

観光旅行ならいつでも行けるけれど太極拳に特化となるとなかなかない

お願いした先生は上海体育大学のトップの老師で上海で太極拳をしている人で知らない人はいないほどで、国際大会では審査委員長を務めるほどの大老師で、馬王堆を今日の形に系統づけたメンバーの1人です。

研修場所は上海郊外にある老師の別荘で1戸の面積が100坪ぐらいあり、全部で100件ぐらいの別荘地で入り口には守衛が立ち庭師と巡回の警備の人が大勢見られました。老師のお宅も素晴らしく、沢山の書画骨董があり、骨董好きの私としては・・。中国の貧富の差をまざまざと見せられました。
 老師別荘の庭

練習はクラブハウスのホールやゴルフのプレイをしているメンバーがいないときにはゴルフ場でしました。プール・テニスコート・バスケットコートなどもありました。お昼は毎回、時として夕食も奥様手作りの美味しい中国料理を頂きました。
参加者の中にたまたまその月が誕生日にあたる人がいた場合は、大きなバースディケーキまでご用意いただきました。中国のケーキはド派手で~す。

研修内容は、太極拳の神髄についての講義・禅宗・形意拳・八卦掌・八段錦・馬王堆・五禽戯・書・画・中国の昔の琴・等々でした。

いずれの老師も中国でも有名な老師方で印象深かったのは、水墨画の老師で、筑波大でも長く教壇に立っておられたので日本語も堪能で、「簡単でしょ~!」が癖のとてもやさしい老師ですが運転はまるでカーチェースのようでした。
(老師の画です。私の干支を描いていただきました)

太極剣の老師は国際大会でチャンピオンになった方で、我々が帰った直ぐ後に4か月間ロスに行くことになっていて、我々3人も追っかけで、1週間ロスに研修に行きました。ハリウッドの俳優さんも来ていて楽しい研修でした。

    ロサンジェルス治療院玄関

各写真はクリックすると大きくご覧頂けます。

井口真貴子

PAGETOP
Copyright © 太極拳 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.